ランステはランナーにも、施設にもメリットあり、ランナーは優良顧客になる可能性秘め秘めです

早朝4時までにお店に行って夜間作業の確認をしなければ為らないので丑三つ時に家を出てランニングで出勤しました

お店は淀川沿いにありますので、後半は淀川の堤防コースを走るのですが、流石にこの時間は暗闇で全く何も見えず、人もいないので色々な意味でかなり怖いです(-_-;)

ダウンロード (4)

河川敷立地を活かせば施設の利用価値は高まる

空前のマラソンブームです、あちらこちら、どこに居てもランニングを楽しむ人に必ず出会います

温浴施設はランニングとの相性が良い業態です

ランニングステーションとして、施設で着替えをして施設の近隣をジョギングする。そして施設に戻って汗を為して、許されるのであれば冷たいビールを・・・

施設の立地がジョギングに適したコースの近くにあれば”ランニングステーション制度”を打ち出して集客を行えば、ランナーたちには喜ばれます

淀川には多くのマラソンを楽しむ人がいて、多くのマラソン大会のコースにもなりますので絶好の立地と言えるでしょう

但し、冒頭でも触れましたが街灯など一切ありませんので日が出ていない時間帯は不適合です

本当に真っ暗ですから・・・

伝えなければ伝わらない、伝わらなければ誰も利用しない

images (5)

今日は午前中メンテナンス休館だったのですが、絶好のお天気で、ここはランステ制度があると聞いて休館とは知らずに来店されたグループがおられました

”荷物だけ預かって頂けませんか?お店がオープンする時間までランニングしたいのですが・・・”

もちろん大歓迎です、清掃中ですが脱衣場で着替えをして貰いお見送りをしました・・・

2時間以上ありますのでハーフくらい走れますね(#^.^#)、お風呂はピカピカにしてお帰りをお待ちしています・・・

お見送りのあと、鳴った電話も

今度の日曜日、淀川を走りたいのですが。。。というお問い合わせ

ランステ制度はもう3年くらい行っておりますが、最近やっと認知されてきたようです

フェイスブックや館内告知で細々と告知しているだけなのでなかなか伝わりませんでした、ですので地元のランニング倶楽部にアピールしたりして徐々に認知され出したようです

ランナーを狙え、ランナーは良い顧客にになる公算が大きい

先日、マラソンを楽しむ友人と話をしていたのですが、ランナーはお店にとってとても良い顧客になる要素があると言う結論に至りまし

・ランナーは自己管理のできる人が多いのでマナーが良い

・ランナーは練習するホームグランドを創るので定着しやすい

・ランナーはランナー仲間というコミュニテイーを持っているので人を連れてくる

・ランナーはつるむとビールを飲むので飲食代も落としてくれる(これは一般論ではなく呑兵衛理論)

ボデイーメンテナンスを行う(つまりマッサージをしてくれる・・)

いい事づくめじゃないですか・・・

唯一のマイナス点は走っている間も脱衣ロッカーを占拠されるので繁忙期は回転率のが悪くなる・・・

という意見が出たくらいです

ランステ制度をもっと広めるためにある事に取り組みたいと思っておりますが、おいおい形にしてゆきたいと思っております

 

 

 

 

 

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。