それでリングにあがるのか!

今年の目標額を教えてください

・・・・・えーと!去年が378万3千円なので、じゃあ、とりあえず、前年の数字は行きたいです。

じゃあ!とりあえず・行きたい!・・(-_-;)

と言う事は今年の目標は378万3千円と言う事ですか?

今日の重点課題はこの事を話しあいますと告知していましたが、

じゃあ!とりあえず!行きたい・・・・

全然本気じゃないし、それは仕事じゃない

 

どうしたいのがないのは単なる作業

こ仕事をどうしたいのか?という概念がありません

この課題が重要なポイントならば自分がどうしたいのか?

まずは全ての大前提としてそれがなければ仕事じゃありません

例えとりあえず、その数字が取れたとしてもそれはたまたまであって意志を持って仕事をしたのではなく惰性で作業をしただけの話です

最重点課題ではあるがどう考えても現状ではその数字しか無理である、頭をはちきれんばかり捻って出した答えだはありません

去年の数字が378万3千円だから今年の目標は378万3千円だというのなら、その数字を宣言した時点でそれを下回る事は確定です

なぜ?目標が去年の数字なの?

挑戦する姿勢があるの?

百歩譲ってトレンドとして去年の数字しか取れないというのなら、去年と同じことをしていては去年の数字はとれないと言う事です

その数字をとる為にはその商品は何個売らねばならないのか?

そのために去年は何を行って、何が足りないのか

現状を踏まえた上で、そこに到達するには何が足りなくて、何が必要なのか?

目標があって、そこに到達するための穴埋めを話し合う、知恵を出し合うのがミーテイングです

ファイティングポーズをとれないボクサーがリングに上がって勝てる訳がない

じゃあ、取り敢えず、秒殺です

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。

次の記事

信頼の源泉