自分の魅力を語って貰おう

小野さんが自信を感じられないと言うのは2つの理由があります

一つは人の目を気にしすぎる

二つは、自分の事を自分で気づいていない

貴方は貴方自身の魅力が何かを知る必要がある、手っ取り早いのは人に聴いてみる事だ( ゚Д゚)

ある方からこんな事を言われました

身近な人から聴いてみよう

と言うことで身近な人から聴く事にしました

恐怖の女房編に続いて社内編、摂津の湯の店舗ミーテイングデ実践してみました

自分の事だけ聴くのは気が引けるので、お互いがそれぞれ3つづつ考えてくる事と事前に課題を出して、発表しました

想った以上に楽しい、そして気づきが多い

普段の店舗ミーテイングは1か月の反省と言う要素が強いのでどうしてもネガテイヴになりがちです、それなので本会議が始まる1時間前に集まって実行してみました

まず、自分の魅力ですから聴く方は多少恥ずかしい、然し”良い処”でなく”魅力”なので主体的な感情を聴くことができます。

何故そう思うのか?自分の事を聴きながらどこに心が動くのか、魅力を感じる側の個性が解ります。

NEC_0504 (1)

お互いの魅力について語って貰いました

良い情報は比較的入り難い、敢えてそれぞれの立場からどう感じているのかを聴くのは新しい気付きがあります、例えば思った以上に店長は部下から信頼されているが、その理由は自分が評価していたところと違う部分にあったとか・・・

真逆に感じていたことが実は違う一面があったとか・・・

考えて来て貰うことで、改めて人の事に興味を持つ事が出来ます、その人について考えてみるこれはコミニケーションを深めるのには物凄く役立つとか・・・

楽しい事なので空気が和みます、良い雰囲気の時間が取れるこういった会の後の通常ミーテイングも建設的なものにるとか・・・

いいことづくめの時間だったようです、たまにはこういったミーテイングもいいもんですね

自分の魅力は大いに伸ばして、キラキラ光る組織にしたいと思います

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのちゃん

おのやすなり ⭐️大学卒業後、全国展開を行う宝飾・アパレルチェーンストアに就職、宝飾店店長,エリアMGRとして勤務 ⭐️2000年地元で温浴施設の運営に進出をする企業の事業に参加、新規事業責任者として温浴施設を立ち上げる。その後取締役事業部長として温浴施設3店舗及び関連する飲食事業5施設を「湯本一丁グループ」として展開。 ⭐️2017年、日本コミュニティー・マーケテイング研究会(通称コミマ)設立 組織内外の安定を保った経営を行うために、様々な場面で良好な関係性を構築するマーケテイング手法(コミマ)を提唱し、円滑な組織運営のお手伝いをしております ⭐️ブログ「極楽コミマ」主催 ⭐️PODCASTインタビューマガジン「才能の履歴書」発刊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする