祝辞

スポンサードリンク

三つの質問でその人の才能が解る才能心理学

先日その質問を彼にしてみました

IMG_4080

最初の質問は子供の頃を振り返って自分は「あった」人なのか、それとも「なかった」人なのか

例えばお金持ちの家でなんでも自由に買い与えて貰える環境の人が、自分にはなんでも好きなものが手に入る満たされた環境があったと思う人も居れば、同じ環境でもモノは何でもあったが、共稼ぎの両親の愛情は感じる事が無かったと感じるか

同じ環境でも感情は主観的で人によって違います

彼は小学校1年から少年野球のボーイズリーグに所属して野球漬けの毎日でした。

土曜日も日曜日も練習で遊ぶ時間、自分の楽しみを持つ時間が「なかった」気持ちが強いそうです

少年時代「野球」があったのではなくてそれによって「自由が無かった」という感情の方が強かったようです。

ならばなぜ、野球を続けたのでしょう?

「本気で野球をやる環境は所属していたボーイズリーグ」しかなかったからだそうです。やるからには中途半端は嫌である、草野球でなく本気の場所でプレーしたかった

高校生になると、陸上部に入ります、バイクの免許を取って行動範囲も広がります、バンドも始めてギターを掻き鳴らしました、そして生涯の趣味となる「釣り」にもこの頃から打ち込んだそうです

彼は「自由」を手に入れました

IMG_4075

2つ目の質問です

社会的に見て今の自分が最も関心のある事は何ですか

SNSの発達によって毎日色膨大な情報が手に入ります、その中には自分と同じくらいの年齢で物凄い生き方をしている人、世界に影響力のある人がこんないも沢山いる事に関心があります。

そういった投稿を見ると心がざわつきます。僕も何か行って世界中に認められるようになりたい

IMG_4107

3つ目の質問です

今一番気になる人は誰ですか?

彼の答えはラグビーの五郎丸選手でした・・・

実は最近新郎が新婦から五郎丸選手に似ているとよく言われると聞いていました、だから僕は彼女は未だ目がハート型なので気にするな(-_-;)と言いました

然し彼が気になる理由は29歳という自分と大して変わらない年齢の人がラグビーという自分を掛けた世界で苦労に苦労を重ね、血の出る努力をして、弱小日本をラグビーの強国と対等に戦う主力にまでに押し上げた、そこに惹かれるそうです

この三つの質問で彼の才能が解ります

彼はONとOFFを切り替える才能を手に入れました、それゆえに何事にも前向きに真剣に楽しく物事に取り組む、そういった才能を手に入れました

一方彼の才能は本気で打ち込めるフィールドを常に探しています。そのフィールドは中途半端なものでは無くて本気の場所です。

ONを楽しんでいいんだ、OFFと同じように楽しんでいいんだ

「釣り」をするように「仕事」を楽しむ

「ギターを掻き鳴らす」ように「野球」を楽しむ

その感情を手に入れた時に、彼の才能は爆発的に開花します、

一緒に仕事をしていてその予兆を感じます

新婦に2つお願いがあります

一つは、そんな彼をいつも側で支えて欲しい。時として周りが見えないぐらい何かに没頭することがあるかもしれない、そしてそれが仕事であっても、貴女はそばで彼を応援して欲しい。その時彼の才能が花開こうとしているから・・・・

もう一つのお願いです

近い将来、お二人に子供ができて、もしもそれが男の子なら、名前は「五郎丸」にして欲しい、キラキラネームなんて絶対ダメです

寺田五郎丸

 

平成らしからぬ立派な名前です、ヘンテコなキラキラネームじゃなくて

五郎丸

 

マストでしょう<(`^´)>

 

翔平君、智子さん、末永くお幸せに♡・・・・

IMG_4129

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

おのやすなり:全国アパレルチェーンのエリアMGRとして勤務後、温浴事業参入を目指す企業にプロジェクトリーダーとして入社。設計段階から関わり1号店を出店、その後取締役事業部長として事業拡大を行い温浴施設3店舗、付帯飲食店5店舗を展開し統括を行う。 2016年、お風呂を利用した全てのビジネス(温浴・宿泊・介護・スポーツジムなど)運営の総合アドバイザー集団を目指し独立、現在に至る。 現場が問題意識を持ち課題に取り組める組織運営をサポートし活気のある施設運営で売上・利益をあげるサポートを行います。

ABOUTこの記事をかいた人

おのやすなり:全国アパレルチェーンのエリアMGRとして勤務後、温浴事業参入を目指す企業にプロジェクトリーダーとして入社。設計段階から関わり1号店を出店、その後取締役事業部長として事業拡大を行い温浴施設3店舗、付帯飲食店5店舗を展開し統括を行う。 2016年、お風呂を利用した全てのビジネス(温浴・宿泊・介護・スポーツジムなど)運営の総合アドバイザー集団を目指し独立、現在に至る。 現場が問題意識を持ち課題に取り組める組織運営をサポートし活気のある施設運営で売上・利益をあげるサポートを行います。