転んじゃないけど、タダでは起きない!今度は頑張ります!!

昨日は今シーズン初のフルマラソン、淀川マラソンに参戦!

見事完走(^_-)-☆・・・・

というか、残念ながら後半戦は完歩( ;∀;)と言ったところでしょうか!!

準備を怠ってはならない

とほほ(徒歩歩)な結果となったフルマラソンですが、転んでもタダで起き上がってはもったいない!言い訳がましいですが得た事を振り返ります

2年目になるマラソンのある生活、今シーズンはこれまでの練習で15キロ以上の距離を走っていません

なので20キロ超くらいまでは何となく予測はつくのですがそれ以上は不安を抱えてのランニング23キロくらいまでは順調でしたが、それ以降はだまし、だましの走行

28キロ時点で予感は的中、左足がつってしまい満足に走る事ができなくなりました

練習で20キロとか25キロ走っておくべきっだった、と後悔しながらの走行です

仕事でも遊びでも未知の世界はクワクする面もありますが不安になる面も多くあります。

それを打ち消して自分を信じるには裏付けのある準備をどれだけ行ってきたか?と言う事ですよね

自分を信じる根拠を持つと言う事はとても重要です

Qちゃんと一緒にゴールイン

自分の不甲斐なさを嘆きながらもとぼとぼと前半よりも長く感じる残りの行程を、走るでもなく歩いて進みます、41キロを過ぎると次第に応援のギャラリーが増えてきます

”おのちゃん、頑張れー”と声援が飛びます

ゼッケンに”おのちゃん”と書いてあるので、それを見て声援を送ってくれるのです

ゴールの花道を歩くのもカッコ悪いなと思い再び走り始めます

毎回思うのですが、人に応援されると勇気が出てくるものです

そうするとコース上で一人の女性がこちらを向いて立っています

”ほらほら、おのちゃんファイト、もう少しだよ”

あっ!高橋尚子!!

今大会のメインゲストQちゃんがコース上で檄を飛ばしながらハイタッチに応えてくれます

こういう事で人は元気になるもんです、勢いつけて走り出すと

42キロ地点で後ろから

”おのちゃん、一緒にゴールするよ”

といって私を追い抜く女性が・・・

あっ!高橋尚子!!

Qちゃんが後ろのゼッケンを見て声をかけてくれました

勿論、周りのランナーにも平等に声をかけてはいるのですが

それでも嬉しいものです!!

現金なモノで、qちゃんにくっついてちゃんと走っているではないか(^_-)-☆

人間は独りじゃない、人の声援は元気になれる!!

ヘロヘロでしたが、大切な事をまなびました

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。

次の記事

損得勘定