伝書鳩に告ぐ<(`^´)>

感情的になったり、人に怒りを覚えたり・・・そんなことは自分にとって損ですよね!!

でも、今おいらは滅茶苦茶怒りに震えている、目の前にそいつがいたらぶん殴っているかもしれない<(`^´)>・・・・

サービス業という仕事は人で成り立っている、人には感情があり決して道具じゃない!それを道具のように扱われるととても悲しい

その言葉の意図は一体なんなの?

それは貴方の考えですか?

それは命令ですか?

それが貴方の命令ならば却下します、第一貴方に命令される筋合いはない

それが、違う人の意見なら素直に誰がそう言ったのか言えばいい、何故なら恐らくその言葉の真意を貴方は理解していない

伝書鳩は手紙を運ぶ事は出来ても、その言葉を理解している訳ではない、自分のコトバで話ができないのなら、人のふりをしちゃいけないんだよ!

逆を言えば、僕たちサービス業を営む者は伝書鳩になってはいけない・・・自分のコトバを持たなくちゃダメですよね

怒りに任せてブログなんか書いちゃいけないけれど、ふう!落ち着きました

伝書鳩相手に怒ったってしょうがないもんね

オイ、伝書鳩これから君はしゃべらなくてもよろしい、手紙だけよこしなさい<(`^´)>

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。