やっちゃいなよ!楽しんじゃいなよ!

4,000円の会費が1,000円になろうが

どんなに著名な経営コンサルタントが講師だろうが

今のままでは僕は自分の部下を参加させようとは思わない

あちゃー!!こういう事言うから煙たがられるんだろうな(ーー゛)・・・・

昨日ある会合で意見を求められて発言した言葉です

嘗て僕はこの会合が主催する集まりに、どこの温浴施設よりも多く自分の仲間と一緒に参加させて頂いていました

それじゃあなぜ?参加していたのかと言えば答えは一つです

楽しそうだから!

誰が楽しそうかと言えば、主催している人達が・・・!

お客様から対価を頂く以上まがりなりにも我々はプロです

現場で働く僕たち仲間にとって最も勉強になる事はサービスの提供を作業や義務で行うのでは無く楽しめる事

あの頃の集まりには、主催者側の”熱”みたいなものがあった

 

学びたかった事は、学ばせたかった事は価格戦略で集客する事でも、小難しい経営理論でも無くて、「何かをしよう」と企むHOTな空気、「やちゃいな」という勢いみたいな空気に触れたかったし。触れさせたかった!

僕たちの使命

偉そうなこと言いながらそういう空気を求めているということは逆に言えば自分たちにそういった感覚が足りないからなのです。

時間が来たからお店を開ける

規則だから浴室の見回りをする

オーダーが入ったから料理を創る

全ての主導権はお客様にあって、こちらは言われたまま、規則通りにマニュアルから逸脱せずに業務をこなす・・・・・

夜も遅いのに、めんどくさいけど投稿しなくちゃうるさいから「ボチボチでした」と投稿を行う・・・・

脇役も脇役、できればエキストラでもいいやなんて感覚なんてサービスじゃない!

僕の店は絶対お客様は楽しい筈、だって僕が楽しいんだから間違いない・・・

求めるべきものはこういった感覚になれる事

「やっっちゃいなよ」「楽しんじゃいなよ」と永ちゃんも言っているではないか・・・

キラキラ輝く接客を提供する為には、楽しまなくっちゃね(^_-)-☆

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。