意見決定のルール

リーダー研修を学んで来たリーダー達が各ポジションでミーテイングを実践しています

彼等に与えられたミッションは参加者全員に考えさせる、文字通り参加をさせると言う事です

IMG_3709

その為に2つの条件が課せられています

①未来形として質問を投げかけてみる(今後はどうするのか?)

②書かせる・書いて発表させる

質問の仕方と回答の手順です

苦労をするのは質問の投げかけ方です、質問の仕方によって回答の方向性は変わってしまいます、課題は何で何を解決したいのかが明確でないとなりません

書かせるというのはイロイロな意味があります

・人の意見に左右されない

・権力者や声の大きい人の独り舞台にさせない

・短い時間で全員の考えをまとめ公表できる

等です・・・

人に惑わされないという観点から出て来た回答の賛否もどれを選ぶかは番号を振って記入させるか立場の弱い人からさせる方が良いでしょう・・・

ところで、見ているとリーダー達が最も迷っているのは出て来た意見を選択する事です

決定のルール

アイデア出しは視点を広く持ち幅広い意見を聞くために余り制約をかけない方が良いでしょう、少し大胆な意見や奇想天外なものがあっても視野が広がりそこから新たな発想やアイデアが産まれるかもしれません

IMG_3702

然し、選択をする場合は参加者にはリーダー目線で選ぶ事を条件にするべきです。

到底実現できないモノを実現できないままに選んでも未来に前進しないからです

すぐに実現できない場合でも、それを実現するために今あなたならどうするのか?の発想を持たせる必要があります、つまり発言に責任を持津と云う事です

それから、決定は必ずしも多数決ではありません、最後は決定権者が参加者にコミットメントさせる形でつまり納得させて約束して貰う形で決定します

参加者は決定権者に自分の意見をぶつける権利があります、然し自分の意見を通す為にはその為のプレゼンを行う義務もあるのです、自分の意見が採用されなかった場合は決定権者をが納得できるアイデア自体や、プレゼンができなかったと云うルールです

IMG_3696

リーダーたちはメンバーに考えさせ、アイデアを出させ、公平に耳を傾ける

そして、決定の要因も明確に伝える

決定した事は実行を約束させる

未来の為に頑張りましょう

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

おのやすなり:全国アパレルチェーンのエリアMGRとして勤務後、温浴事業参入を目指す企業にプロジェクトリーダーとして入社。設計段階から関わり1号店を出店、その後取締役事業部長として事業拡大を行い温浴施設3店舗、付帯飲食店5店舗を展開し統括を行う。 2016年、お風呂を利用した全てのビジネス(温浴・宿泊・介護・スポーツジムなど)運営の総合アドバイザー集団を目指し独立、現在に至る。 現場が問題意識を持ち課題に取り組める組織運営をサポートし活気のある施設運営で売上・利益をあげるサポートを行います。

ABOUTこの記事をかいた人

おのやすなり:全国アパレルチェーンのエリアMGRとして勤務後、温浴事業参入を目指す企業にプロジェクトリーダーとして入社。設計段階から関わり1号店を出店、その後取締役事業部長として事業拡大を行い温浴施設3店舗、付帯飲食店5店舗を展開し統括を行う。 2016年、お風呂を利用した全てのビジネス(温浴・宿泊・介護・スポーツジムなど)運営の総合アドバイザー集団を目指し独立、現在に至る。 現場が問題意識を持ち課題に取り組める組織運営をサポートし活気のある施設運営で売上・利益をあげるサポートを行います。