機械室の夏が始まる!!同志達よお互いがんばろう!!

思った通り尿酸値が高いですね!痛風でしょう、食生活には気をつけてください(=_=)・・・

30年間呑み続けて来たビールの祟りじゃ!!

自分の身体は自分で管理しなければなりませんね!

先月は温浴施設3店舗も休館を頂いて設備メンテナンスを行いました。

お客様からは見えない部分で働く設備も、配管(血管)に穴が開いたり、心臓(ポンプ)が弱くなったり、腎臓(濾過器)が汚れてしまったり、頭(制御盤)が狂ったり・・・・・銘銘に悲鳴を挙げております。

IMG_3160

各浴槽にお湯を送り込むポンプ集団、彼らは心臓の役目を担っています。小さな臓器で働き続けるのは正に心臓!彼らが弱ると浴槽の温度管理もお湯の衛生管理も損なわれてしまします

unnamed (28)

濾過器軍団は戻って来たお湯の汚れを取り除く血液をきれいにする腎臓のようなもの、濾材が詰まると大変です、今回は濾材を交換してやりました、

IMG_3159

秘密基地に横たわるガンダムに出てくるような姿をしているのは貯湯槽、浴室で使うお湯を常に70度に保って保温しております。温浴施設で使うお湯は半端なく多いので家庭のように瞬間湯沸かしと言う訳にはいかないのです

unnamed (27)

館内に張り巡らされた配管、地下ピットをくぐって各浴室へ向かいます。地下ピットは人間が入ると天井が低すぎて、僕は必ずたん瘤3個は作ってしまいます

unnamed (26)

機械室で粋な赤色で存在感を示しているのは貯湯槽の中の圧力を調整する見張り役、旦那が勝手な事を言い出さないように見張る女房のようなものです。こんなにまじかで見張られるとさぞかし貯湯槽の旦那もやりにくいだろうな・・心中お察しします

IMG_3140

ボイラーに出入りする配管、穴が開いたので取り換えて新しい保温を巻きつけました。職業病か美しいと呟くと全国のお風呂屋さんから賛同の声が。。。機械室フェチが集まる特殊な業界かもしれません

IMG_3156

あっ( ゚Д゚)!すみません!!人が居ない事をいいことに時々恋人を連れ込んでいちゃついています。職権濫用ですね、以後慎みます( ̄ー ̄)

設備の皆さんも僕も、決して若くはありません。お互いだましだまし頑張ろじゃありませんか!!

そして、お願いだから繁忙期にストライキを興すのは止めてください!!

な!な!同志だろ!!

今日から暑い7月!この夏もお互い悲鳴をあげることなく頑張っていきます!!

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。