首相、美容師さんに髪を切って貰い国会で責任追及!!て、・・へんな法律だらけじゃないか!!

美容師さんは男性の髪をカットすると法律違反

こんなことを書いてはいけないのかもしれませんが、今話題の補助金を受けた企業からの政治献金の不正受給の騒動にはうんざり感が堪えません・・!!

中身も問題でしょうが補助金受け取る企業はそもそも元気のある企業で、補助金を受けなくとも・・・の感もあるし、

それに見合う献金額なのかと言えば表に出ている額はそれ程でもないし、大体企業献金事態に問題があるんじゃないのかと思います

やっぱり、法律がおかしいです!!

で、法律がおかしいと言えば今朝の日経の1面に、安倍首相美容室でカット、法律違反か?ってへんてこな記事が掲載されていました。

この場合、首相でなくてカットした美容師さんが法律違反だそうです!!

美容師さんと理容師さんは免許が違います、美容師さんが運営するお店は美容室、昔は女性が一部のオシャレな男性が行くところと思っておりましたが、今や男性も当たり前に通っています(僕は通っていません(ーー゛)・・・)

美容師さんの免許では確か”顔剃り”はしてはいけないという事を聴いた事がありますが、女性の髪はカットしてもいいが男性の髪のカットも禁じられているそうです・・・

2015年の日本で、そんな法律があるなんて信じられませんが、新聞によると戦後引き揚げ者達がハサミ一つで開業した「青空床屋」が乱立して店間の争いが絶えず、何処から引き上げたかで、公布される美容師と理容師の免許を分けて、その業務内容も細かく法律で決めたのが事の始まりだそうです。

そして、理容師と美容師は同じ店で働いてはいけないそうです・・・

やっぱり、法律っておかしいです!!

スーパー銭湯内の髪切り処はお顔剃りが人気です

運営します温浴施設にもテナントでカットサロンに入店して頂いております

こちらは「床屋」と言う雰囲気なので圧倒的に男性が多いと思いきや、意外に女性のお客さまもいらっしゃいます。

女性に人気なのは”お顔剃り”

これ、理容師の資格がないとできないので行うのは理容師さんです。

ここで問題が生じます、今や理容師の資格を持つ方は美容師の半分以下、慢性的な人員不足なのです。

理容室である当店には理容師さんを採用しなけらばなりませんが、御多分に漏れず人手が集まり難い(ーー゛)

せっかく需要があるのに、テナント様には優しく”ガンガン(--〆)”言わせて貰っていますがこれがなかなか!!

どの業界にもへんてこな規制があるものです!!

ささやかな夢ですが、へんてこな法律は是正して頂きたい

ささやか夢と言えば、一度美容室の椅子にも座ってみたい

FullSizeRender

5ミリ!オシャレ坊主でお願します(~o~)

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。