福袋完売しました

スーパー銭湯の福袋

数年前から我々もお正月には福袋を用意して販売をしております。内容は各店に任せておりますが入浴回数券にお風呂セットだとか、お食事券だとか、お風呂セットだとか、取引業者様から協賛頂いた様々な商品を織り交ぜて販売しております。

 IMG_2066IMG_2064

元来福袋は縁起物で、その内容は同一でなくやや射幸的であって運が良ければ飛び切りの商品が入っているというような運だめしの要素が強い性質のものですから中身は解らないものだったのですが、最近はセールの一環としての要素が強まっており内容のお得感を伝えなければお客様も慎重になられる傾向にあります。

お正月気分はノリが大事

そうは言ってもお正月、店頭で販売をしていると多くの方が興味を示されます。ここで需要なのはお客様とのやり取りを楽しめるかどうか?だと思います。

「兄ちゃん、何が入っているの?」

「ホンマ得なんか・・・?」

等と声をかけて来られるお客様の大半はその時点で買う気満々と思うべし!

だから、その気持ちを邪魔しない事が重要じゃないかと思います。ここでしどろもどろのやり取りをするとお客様の気持ちは引けてしまいます。

大切なのはノリです、絶対お得ですよ!と満面の福笑顔!!これが重要・・・・

段取りなしでアルバイト君達と打合せもせずに任せ放しだと、3ケ日も過ぎてしまい痛い目に逢います。元旦のノリは4日には完全にお客様から消えてますから・・・引きつり顏で売り場に立たねばなりません(-_-;)

最早福袋ではなく、在庫処分みたいな雰囲気になりますよね・・・

おかげさまで完売しました

IMG_2101

今年は元旦、2日の雪の影響で昨年よりも出足は鈍かったですが各店綿密に連携をとってか無事3ヶ日で完売しました。

お正月営業最終の4日今日も一日頑張りましょうぞ(*^。^*)!!

 

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。