アイ・アム・スパーソナー

僕の職業はスパーソナー

温浴施設(spa)で働く人達の個性(personality)を引き出し、それがお客様の共感を呼ぶようなものであるように彼等の力になる人です

温浴業はおもてなしの伴うサービス業です・究極のサービスはオンリーワン・貴方しかできないおもてなしです、それは貴方の魅力です。それを引き出すのが僕の仕事です。

 2014お正月ポスター1改_02

重要な事は“自分の魅力に気づくこと”です。

僕は社会に出て10年以上モノを売る仕事をしてきました。扱っていた商品は宝石と言う夢のあるはずの商品だった。ノルマに追われながらがむしゃらに働きました、でもそこで働く事の本当の意味や使命感を感じる事ができなかったんです。

その後転職したのは温浴業界でした。仕事をしながら気づいた事があります。

温浴施設は規模やスペックも重要ですがそれ以上に大切なのは“おもてなし”の伝わる空間だと云う事、その為に必要なのはそれを提供する人たちの息吹が感じられる事です。

“おもてなし”は人の心によって形成されます、決して画一的なものではありません。

方向性は同じでもそこには一人一人の個性や魅力が醸し出されて初めて感じて頂けるものなのです。

君こそがダイヤモンド

僕の為すべきことは“モノ”を売るのではなく“事(こと)”を売る事です。商品はそこに働く人たち一人一人の個性と魅力が込められた“おもてなし”精神です、それこそが僕の売りたいキラキラ輝くダイヤモンド

どんなダイヤモンドも暗闇では輝きを放たない、光が重要です働く人達が“おもてなし”の心の下に自分の魅力を発揮できる空間を光の当たる場所を創り続ける事が僕の使命、そう信じてこの1年進みます。

一緒に輝こうではあーりませんか(^v^)

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。