影響を受けた人

社員メンバーと個人面談をしています

仕事の事は於いといて、彼等の幼少期から成人するまでの事をあれこれ話して貰っています

誰でも成長する段階で多かれ少なかれ人から影響を受けているモノです

その多くは両親だとか、祖父母だとか、肉親が多いのですがそれ以上に生き方を左右する第三者の存在を持っている人が何人かいます。

友達だったり、先輩だったり、恩師だったり色々です。

そういう人物を持った経験のある人は共通して”向き合って貰えた”という印象を強く持っています。

自分がが興味を持ったからそうなったのか、あるいは相手が興味を持ってくれたのかは解りませんが、今迄の環境の中で持っていた概念を正面から打ち崩して、新たな気づきを与えてくれた人です。

そういう人が居る人は”受け取った何かを人にも与える”影響を受けた人と同じ生き方ができる筈ですし、実際にそういった生き方をしている人が多い様な気がします

面白いのは、そう言った意識はあまりなく話をしたり、質問に答えるうちに思いだす様な場面が何回かありました

そして、そういった人の存在を改めて意識することで何か現在抱えている課題を客観的に見つめ直そうとする人もいるようです(^v^)

タイムスリップして、思いだすことで答えを導きだしてくれるよう存在の人

あなたにはそんな人は居ますか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
おのやすなり ⭐️大学卒業後、全国展開を行う宝飾・アパレルチェーンストアに就職、宝飾店店長,エリアMGRとして勤務 ⭐️2000年地元で温浴施設の運営に進出をする企業の事業に参加、新規事業責任者として温浴施設を立ち上げる。その後取締役事業部長として温浴施設3店舗及び関連する飲食事業5施設を「湯本一丁グループ」として展開。 ⭐️2017年、日本コミュニティー・マーケテイング研究会(通称コミマ)設立 組織内外の安定を保った経営を行うために、様々な場面で良好な関係性を構築するマーケテイング手法(コミマ)を提唱し、円滑な組織運営のお手伝いをしております ⭐️ブログ「極楽コミマ」主催 ⭐️PODCASTインタビューマガジン「才能の履歴書」発刊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする