忘年会・新年会営業

秋はスーパー銭湯にとって良い時期か?

明日から11月、お風呂屋にとっては秋は良い季節ですね・・・とよく言われますが、行楽地の温泉地と違い街中スーパー銭湯はなかなか厳しい季節でもあります。

レジャー産業の要素も強いので、休みの多い夏休み・冬休みの間の営業的にはまったりとした時期が続きます

我々の施設は3店舗中2店舗でお座敷を備えており、チャンコ鍋をメインメニューとした宴会ができるようになっております。また3施設とも離れに焼肉店を併設しておりますので11月は年末に向けた忘年会の準備をしっかりと行う時期になります。

先日、営業用のビラが届きました

温泉旅行に来たような忘年会、寛げる忘年会がキーワードです。

去年のチラシは似たようなコンセプトでしたが、男子スタッフが男湯で裸で入浴したイメージ写真だったので正直女子受けがあまり良くありませんでした。

141017_ねや寿_寝屋川焼肉_A4チラシ_表_01

141017_ねや寿_寝屋川焼肉_A4チラシ_裏_2_01

なので、今年は休館日に館内議を着用して男女混浴で(^v^)・・イメージ写真を撮って作り変えをしました

焼肉宴会か?ちゃんこ鍋の宴会か?

どちらもお風呂に入ってリラックスした状態で楽しんで頂けます。

近頃では社員旅行などは行うところが少ないので社員旅行気分で楽しんで頂ければ幸いです。

然し、女性はお化粧を落とすのが嫌(゜-゜)って方も結構おられますので、当日ご入浴なさらない場合は後日いつでも使える入浴券もご用意致します。

明日から1カ月、頑張って営業の強化を行いたいと思います、ご予約はお早めに(^v^)・・

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。

前の記事

ヴィヒタサウナとは?

次の記事

修業帰り