ミッションを考えると・・・

昨日は一日かけて自分のミッションってモノを考えてみました

勉強会に集まった仲間たちと一緒に自分を振り返ってみる。

イロイロな角度から、そしていつもよりも深く掘り下げて

一つの答えらしきものが観えきました

images (19)

一人の女性を救いたっかた、その女性は観ようによっては辛い人生だったかもしれないし、或は誰よりも幸せな人生だったのかもしれない

救いたかったと言うのは僕の価値観で、決してその女性の価値観では無いので、もしかしたら大きなお世話かもしれないけれど(;^ω^)

どちらにしてもその女性のおかげで、その女性の事もそしてその女性が愛していた人の事も好きでいられた事は間違いないですね

それでミッションとは?

これまでに宝石だったり、CDだったり、ほんの少しですが”権利”だったりを扱う組織に属していた事もあります、そして今は温浴事業を運営する組織に属しています。

今の職業は結構気に入っております、多くの仲間に支えられ、お客様に支えられているのがとても好きで気に入っているのです、だからお風呂屋が性に合っているとか、この上なく好きであると言う事ではないのだと思います

10377531_641579225940020_4079311503609635905_n

僕の救いたかった人は今の僕の目からは自分を出せない人だったような気がします、だから辛い人生だったのかもと勝手に思うのです、そしてそれが僕の人生の課題だと。

そして多くの人が自分を出せないで居る、だからそういった”場”を提供できる人になれたらいいなと思うのです。

仕事をしながら自分を表現できる場所、そういった人達に共感を覚えて居心地の良さを感じるお客様。想い想いに自分らしさを取り戻せる場所。

そんな場所を提供できる人になる事、それがお風呂屋ならばハッピーです(^_-)-☆

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。