温泉ソムリエぐっちの「至福の温泉道」 in 門の湯

「温泉ソムリエぐっち」こと山口貴史氏、日頃彼の温泉(それはかけ流し無添加の源泉に限る)への熱き想いは半端ない。

そしてそれを語り出すとノンストップ特急のマシンガントークが始まる、そしてその”しゃべり”が実に楽しくオモシロイのである。

我々湯元一丁もカッコ良く言えば「温泉」に想いがあるが故に街中温泉の矛盾に悩み、そして天然温泉を止めた経緯を持つ

そんな我々の施設で天然温泉の良さと真実を伝えたいと思いが一致してお店での講演を依頼しました

スーパー銭湯では困難な、生の温泉を求めてただいま620源泉をGET

グッチ氏を始め「かけ流し源泉マニア」のモットーは生まれたままの温泉を生のままで楽しむ事、衛生管理のために余儀なくされる濾過循環や塩素殺菌を行っていない状態の温泉の事を指します

IMG_1283

湧出量が多く、湧き出た温泉を貯めてそのまま捨ててしまえる温泉地であらば兎も角、公衆浴場には”公衆浴場法”と言う法律があり通常は上記の衛生管理をしなければなりません、また恵まれ湧出量が得られたとしても河川法と言う法律で一般的には河川放流はできず高コストとなってしまいます。故にグッチ氏を始め「かけ流し源泉マニア」はそういった環境が許される全国の温泉地や秘境、秘湯を時間とコストをかけ訪ね歩きます

因みに日本国内だけで源泉は28,000ヶ所もあり、これを走破するには毎日1か所入るとしてもなんと77年もかかってしまうそうですグッチ氏の現在の体験数は約620ヶ所、まだまだ修行僧のような日々は続くのである(-_-;)

修行僧の割には楽しそうである

さて、グッチ氏の持ち味は軽妙なトークにある、四季折々の自然の中訪れる温泉地、真夏には灼熱の太陽の中汗を掻き掻き秘湯を訪ね、暫しの極楽を得た後にまたもや太陽の復讐と戦いながら汗を掻き、真冬の山間では凍えながらも暖もりを求め、そして再び凍えながら戻る冬山の狂気、入浴の数を稼ぐために1日16か所を巡り、17か所目には嫌がる身体を圧して入浴を行う・・・・

IMG_1281

一種の変態ですね(@_@。、でも変態だからその体験談がオモシロイ、温泉の色、におい、ロケーションを愛でるトークは”あほやなー”と言いながらもその体験に思いを馳せ、その冒険を共有したような錯覚に陥るのである

ちょっとダメ出し

源泉を愛して止まない「温泉ソムリエ」の性かその良さを伝えるために温泉の定義や種類等、前半はややアカデミックな内容となりました(*´ω`*)

見かけによらず生真面目なグッチ氏の一面でもありますが、一般ユーザーには地学や生物額の授業のようにちょっと難しかったかも(-_-)

後半戦の体験トークに入るまでのイントロがやや長かったかな(=_=)

IMG_1286

温泉ソムリエ仲間も駆けつけて懇親会

そこは流石にグッチです、後半でリカバリーをしてしっかりと笑いを取っていましたが

つくづく感じる事があります、人間は好きな事をしているときが一番楽しくて輝いているって事です。

それは源泉を求めてそのことを話すグッチ氏も、頭を無にしてのんびり湯船に浸かり難しい事は抜きにして風呂上がりに楽しいトークを聴いて笑顔になるお客様も本質は同じって事

僕たちはそういった場を提供して、それぞれの笑顔を見せて頂くのが一番楽しくて輝いている!そうありたいと思います。

ぐっちさん、サンキュー!

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

おのやすなり:全国アパレルチェーンのエリアMGRとして勤務後、温浴事業参入を目指す企業にプロジェクトリーダーとして入社。設計段階から関わり1号店を出店、その後取締役事業部長として事業拡大を行い温浴施設3店舗、付帯飲食店5店舗を展開し統括を行う。 2016年、お風呂を利用した全てのビジネス(温浴・宿泊・介護・スポーツジムなど)運営の総合アドバイザー集団を目指し独立、現在に至る。 現場が問題意識を持ち課題に取り組める組織運営をサポートし活気のある施設運営で売上・利益をあげるサポートを行います。

最新記事 by おのやすなり (全て見る)

業務用炭酸装置

炭酸装置・シャワーをご検討中の施主様、導入効果、運営方法などなんでもお気軽にお問い合わせください。
貴社の用途、浴槽の大きさや利用人数などお聞きして最適なご提案をさせていただきます