”酔っ払い”や”うんこちゃん犯人”には被害届を出す場合もあります

少し前の事になりますが、昼過ぎから飲み始めたお客様が3時過ぎにはろれつが回らなくなり、4時ごろには周りにくだを巻き始め、5時ごろには大声を張り上げるという超酒癖の悪い方がおられました(この時点では既にお客様ではありません)

他のお客様に迷惑がかかると判断すると警察へ通報させて頂きます

然し、酔っ払いというのは理性を失っていますので理屈が通じないので質が悪いです埒があかない・・・

警察は来るには来ますが、明らかな迷惑行為であったり、法に触れる行為が為されないと余程の事が無い限り連行する事はありません

申し訳ないが店舗の片隅で不毛な会話を繰り返しながらおもりをお任せするといった展開になる事が多いです

ところで、酔っ払いにもこのような大虎になるものもいれば静かに呑みなが内に籠っているうちに正気が飛ぶ人もいます

寝てしまう人はまだ解りやすいですが、ふらふらしながら浴室に行かれても四六時中監視をしている訳ではないので解らない、そしてそこでトラブルを起こしてしまうというケースが多々あります

気分が悪くなり動けなくなる

意識を失い溺れてしまう

ご自身の命にかかわる事ですから自重して頂かないと本当に困ります、他のお客様にも迷惑がかかります

余り書きたくはない話ですが、浴室で”もどされたり””しもが緩んだり、失禁したり”と云うような事があれば、命に別状がなくとも違った意味での迷惑です

自ら理性を失う行為をする人には、理性を持って断固厳しく対応しなければなりません

酔っぱらって一人いい調子になっている人

浴室で気分が悪くなって浴室を汚してしまう人

どちらも警察にお願いしても上記のとおりです

但し、被害届を出せば刑事事件として対応して貰えます

酔っぱらって暴力を振るうだとか、器物を破損するといった行為があればもちろん刑事事件の対象になります

また、明らかに業務に支障を来すと判断すれは営業妨害として被害を届ける事も辞しません

お湯を汚して、お湯の入替を行ったり、お湯に浸かれない状況が顕著であれば当然施設にも、他のお客様にも損害が発生します

民事にはなりますが、損害賠償を請求する事も考えなくてはなりませんし、もしそうなれば金銭的にも思っているよりも大きなペナルテイーになりますよ

もちろんこういった事が目的ではありません

USJがネットダフ屋を封じ込める為に行った断固たる決意で行ったネット販売のチケットは受け付けない態度を以前ブログにしましたが

(USJの毅然とした態度には学ぶべき事は大である)

施設を快適に利用して頂きたいすべてのお客様の為にも

残念な行動を起こしてしまう人が本来の楽しみ方をして貰う為にも

企業は毅然たる態度を持たないといけないのだと思います

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。