公平な”えこひいき”

お客様からクレームのメッセージを頂きました

我々のお店はお食事だけでもOKなのですが、初めてお昼ご飯を食べに来てくださったお客様が、日替わりランチををオーダーすると生憎売り切れで断られたそうです

暫くすると別のグループ連れのお客さまが”日替りいけるやろ、3つ頂戴”とオーダーを通すと驚く事にオーダーが通ったそうです

なんで(-_-;)・・・・・!

そりゃあ頭に来てもおかしくはない!客を差別するのかと不快に思われて当然です<(`^´)>

早速聴き取り調査を行うと、後から来たグループはもう何年も毎週来られる常連さんで、決まって日替わり定食を頼まれます。この日は用意した数が思いのほか多く出たために気を利かして残しておいたそうです(ーー゛)

見ていて気持ちのよい依怙贔屓をしなさい

お客様に依怙贔屓をしなさい

おもてなしを大切に、個性を発揮して、貴方の事を好きなお客様に来てもらいましょう

好きなお客様によくしてあげたい

僕が日頃言う事はもしかして極論は依怙贔屓しなさい・・・と言う事かもしれません

依怙贔屓は接客業では大切な要素の一つだと思います

だけどそれは、その依怙贔屓を当事者じゃない人が見てほのぼのとするようなものでなくてはなりません、私も常連になりたい、僕もこの店のこの人と仲良くなりたい、そういった性質のモノであるべきなのです

平等だから際立つ依怙贔屓

”奥さん、今日も奇麗だねコレ一匹サービスするよ”だみ声で叫ぶこんな魚屋さんてもう無いように思うでしょうがデパ地下の食品売り場では今でも堂々とこんなやり取りが行われています

これを見て目くじら立てる人は基本いない筈です(女の世界はそう甘くはないかな(゜_゜>)?・・)

でもこれって基本平等なのです、目の前の奥さんがさほど綺麗じゃなくともこう言っちゃう、或は野村監督の奥様サッチーでも”奥さん勉強せなおっかないから一匹サービスするよ”

折込済みなんですよね、一匹のサービスじゃなくてこういった声をかけて貰えるかが本当のサービスなんだと思う

さっきの例だと、後から来た常連さんに、

”ごめんね○○さん、今日の日替わり好評であと2つしかできないのよ・・・”とオーダー前にこちらから固有名詞を出してお詫びする、これだって立派な依怙贔屓ですよ

見ていて気持ちのよい依怙贔屓と言うのは心の問題、思いやりの問題なのです

モノより大切な思いやり

さっきの魚屋さんは一匹のおまけが嬉しいんじゃなくて、声をかけて貰える事が嬉しいんです

一匹おまけする事が当たり前になれば、それはもう特別じゃなくなる

いつ行っても提供して貰える、この間は大盛りだったから今回も大盛り、

貴方の取った依怙贔屓が特別じゃ無くなるような事はしてはならないって事です

”いつもして貰っている””誰々さんならこうしてくれる”・・・どうですかよく聞く言葉ですよね、最早それが当たり前、ありがたみ等微塵も感じない、通常なサービスがマイナスに捉えられる

貴方の特別な思いやり”依怙贔屓”が物質以下になってしまった証拠です

貴方の心意気を粋に感じる

こんなやり取りができるお客様は特別ですよね、その空気を共有できるって事が立派な依怙贔屓です

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのちゃん

おのやすなり ⭐️大学卒業後、全国展開を行う宝飾・アパレルチェーンストアに就職、宝飾店店長,エリアMGRとして勤務 ⭐️2000年地元で温浴施設の運営に進出をする企業の事業に参加、新規事業責任者として温浴施設を立ち上げる。その後取締役事業部長として温浴施設3店舗及び関連する飲食事業5施設を「湯本一丁グループ」として展開。 ⭐️2017年、日本コミュニティー・マーケテイング研究会(通称コミマ)設立 組織内外の安定を保った経営を行うために、様々な場面で良好な関係性を構築するマーケテイング手法(コミマ)を提唱し、円滑な組織運営のお手伝いをしております ⭐️ブログ「極楽コミマ」主催 ⭐️PODCASTインタビューマガジン「才能の履歴書」発刊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする