余裕かまして放心状態(-_-;)白内障手術

白内障の手術を終えて5日、ようやく洗髪許されました(‘◇’)ゞ

聞いていてはいたのですが世界が明るく感じます

IMG_3605

お見苦しい写真ですみません_m(__)m

見えるようになった目です

 

未だ術後と言う事と眼内レンズのおかげで視力が回復して今迄の眼鏡が合わなくなっているので乱視の矯正ができないので世の中は歪んで見えますが、裸眼でこれだけものが見えるのはちょっと記憶にないくらい久しぶりの体験です

IMG_3608

こちらは明後日手術する未だ白内障の目です

水晶体が濁っているので

瞳孔がはっきりしませんね(-_-;)

明後日はもう片方の目もやっつけてきます!!

水晶体が濁っているので

・モノが見えにくい(ぼんやりしてる)

・見え方が暗い(白熱球と青空の下くらいの違い)

・眩しい(水晶体が濁っているので瞳孔の調整ができない)

・視力の矯正が難しい(眼鏡でも限界があります)

こういった事が解消できます

余裕をかまし過ぎました

ところでこの白内障の手術、以前と比べ随分と簡単にできるようになったそうです

手術時間は20分ほど、日帰りです

mepro_jr

手術台もこんな感じで歩いて行って座ります

床屋で散髪するか、歯医者で歯の治療をするような感覚です

僕は持病で高校時代に緑内障を発症して今迄に左右合わせて10回近く手術を受けていますので目の手術は慣れているつもりです

緑内障の手術も随分簡単になったとはいえ、1か月近く入院をして、手術室にはストレッチャーで運ばれて手術台に移し替えられるという重々しい儀式がありますので、その間に心の準備ができます

dr_jst_n_01

なので、床屋で洗髪するようなこのベッドに余裕をかまして口笛吹きながら座って1分後には目ん玉に注射をされて、切られてっと・・やる事は結構ハードです

心の中はジェットコースターのようです、もしここで動いたら・・・(-_-;)

等と要らぬ事を考えてしまうと、不覚にも身体がカチコチになってしまいます

「おのさ~ん、おのさ~ん!だいじょうぶですか・・・?、脈拍が急上昇していますよ」

いやいや、大体が気が小さいのですから・・・仕方がありません

なんだかんだで無事に終了したようですが、終わって暫くは放心状態になりました

きっと、頭から湯気が立っていた事でしょう(*_*)

次回は甘くみず、しっかりと心の準備をしようと思います(-_-;)

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。