伝えなければ伝わらない

お盆商戦が終わって後半戦の数字を考えると、宴会部門を抱える2施設の宴会が大幅に悪い!!

実は人員配置の問題や、現状の戦略では落ち込むことは想定できていましたが下げ幅は予想以上です、しからば同じ飲食の中でレストラン部門に今以上奮起してもらうしかないのだが・・・・

出来る事をやるしかない

この状況で今から動いて穴埋めを出来るウルトラCは思いつかない

それでも出来ることを行おうという事を話し合い、存在を基本に帰ってお伝えすることにしました

まだまだ夏休みは続きます(先週の段愛で)・・・・

お風呂に入りに来たお客様のレストラン利用比率を少しでも上げる動機づけには

ブラックボードが手っ取り早い!!

IMG_3609

売れている商品には理由がある

今必要なのは自信のある商品の再アピールです

全員でキャッチコピーを考えて、どれを使うか投票で決めて

商品の特徴を作り手側と食べる側とで書いてもらい、玄関に置いて訴えかける

ここでしか食べられない絶対的エース

キャッチコピーは決まりました。あとは貴方の常識を排除する

ここで食事が出来るのは常識です・・・

誰の常識?

ココの名物は”とんかつ”と”海老フライ”と言うの常識です

誰がそういったの・・?

知っている人は知ってるが、知らない人は誰も知らない

貴方の常識は世間の非常識・・・って言葉もあるくらいですから

伝ええなければ伝わらない!

ここはオーソドックスにお伝えしましょう

 

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。