インチキ通訳士を捜せ

「ちゃんと言ったのに伝わってないんです」「何度も言いますが理解してもらえません」・・・いろんなケースが想定できますが、言葉を理解していない可能性があります・・・相手じゃなくてあなたが(ーー゛)

例えばこんな事は無いでしょうか、TOPから下った決定事項や方針を部下や仲間に伝える・・・確かに言ってはいるけれど相手は理解をしていない、というより理解しているかいないのかも解らない

言葉を理解してないのですあなたが!日本語で聴いた事をポルトガル語で日本人に伝える、でもあなた自身が本当は日本語をよく理解していないので、何を言われたのか良く解らないまま聞いた”音”だけを伝えているって感じです

こういう人が中間管理職に居ると現場は混乱します

言葉は解らなくとも本能的に上には従順で絶妙な相槌を行う、そして伝言ゲームよろしく聴いた音をポルトガル語訛りの片言の日本語でしゃべり満足をしているような状況が日常的に行われます。

自分の事であり、あなたのことでもあります

良くある話です

相手に自分の言った事が伝わっていなければ、

伝えたい内容を自分が理解しているのか疑ってみる

相手の使う言語と自分の使う言語が同じかを見極める

相手の言葉を自分が理解できるのか確かめてみる

インチキ通訳がはびこると訳が解らなくなりますからね(-。-)y-゜゜゜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
おのやすなり ⭐️大学卒業後、全国展開を行う宝飾・アパレルチェーンストアに就職、宝飾店店長,エリアMGRとして勤務 ⭐️2000年地元で温浴施設の運営に進出をする企業の事業に参加、新規事業責任者として温浴施設を立ち上げる。その後取締役事業部長として温浴施設3店舗及び関連する飲食事業5施設を「湯本一丁グループ」として展開。 ⭐️2017年、日本コミュニティー・マーケテイング研究会(通称コミマ)設立 組織内外の安定を保った経営を行うために、様々な場面で良好な関係性を構築するマーケテイング手法(コミマ)を提唱し、円滑な組織運営のお手伝いをしております ⭐️ブログ「極楽コミマ」主催 ⭐️PODCASTインタビューマガジン「才能の履歴書」発刊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする