”カニみそ”達につける薬はなし

お腹が空いたので”まかない”を作って貰う事にした。

社員のA氏に”冷やし中華”をオーダーした。

身体には良くないのかもしれないが、僕は冷やし中華の酸味のあるスープが好きなので、スープまで飲み干したい。ところがこのお店の”冷やし中華の器が和風の器でスープが飲み難い、ラーメンのように口をつけて飲もうとするとこぼれてしまう。

そこで、社員のA君を呼んでこう頼んだ

申し訳ないがまかないで冷やし中華作ってくれる!あの器スープがのみにくいので器を変えてね、何でもいいよラーメン丼の器でもいいから。。。

とオーダーしました

ところが、暫くしていつも通りの器に入った冷やし中華が出てきました・・・・(-_-;)

どういう事・・・・?

作った人にAからどんな指示が出ましたか?と尋ねると!

”部長のまかない、スープが飲み難いからスープをいつもよりも薄めに創ってね”

と聴いたそうです・・・(一一”)??

そこで本人に確認すると、勘違いしました、だって!!

なるほどね、全てがこういう事ね!!

この男、コミニケーションがとれない!気が付かない!・・・でスタッフから不評です(一一”)!!

今迄も随分彼の同僚や上司、私も彼に注意をしてきましたが未だこんな感じです。

図体はデカいですが、脳みそはカニみそくらいしか入っていません

ダウンロード (74)

些細な事ですが私が直接依頼した事がこんな感じですので、彼が受け持っている部署のスタッフの苦労は推して知るべしです。

もう、手立てはありません、僕にできる事は東尋坊の崖まで連れて行き、人生をどうするかカニみそのような頭で考えて貰うしか思いつきません(-。-)y

なぜ彼がこうなのか?昨日はたまたま彼の所属する飲食部門のミーテイングがあったので、話し合ってみました(-_-;)・・・

答えは出ませんが、でも僕には解っています

それは彼が  だからです(-_-;)

自分を変えられるのは自分だけである

散々憎まれ口を叩きましたが、人を変えようなんて大それたことを考えていた自分こそ傲慢であると気づきました。彼を変える事は彼にしかできません、彼自身が本当にそう思わない限り何も変わらないのです!!

人に対して注意やアドバイスをすることはできます、上から目線だったり、同じ目線に立ってみたり、時には下手に出ながら・・・でもどんな事もその中から自分自身が”気づき”を感じなければ変わりようがありません。

自分に置き換えてみたら・・自分はどうだ・・・?

さて、そのミーテイングですがA氏の所属するお店で行いました。集まった飲食部門の社員たち、その中でエビフライの試食をすることになり、A氏がエビフライを揚げて持ってきました

取り皿も箸も無かったので、その中の最年少で新人のB君がこう言いました

”Aさん、箸と取り皿持って来て・・・”

そして、その上司10年来選手のC氏がこう付け加えます”Aそういうところが気がつかないんだよ”

間違っています・・・(一一”)

BはAより先に立って箸と皿を用意すべきです

CはそんなBの態度を叱り飛ばすべきです

そして彼らの上司は僕です!!

根は我にあり!!

人の失敗やできていない事を指摘することは簡単です、しかしそこから自分はどうだろうか?と思える事が指摘した側も指摘を受けた側も大切な事です

どうして、こんなチームになったのかな??

根は我にありです。

自由に指摘し合える組織、そしてその事を素直に受け留められる風土。尊敬であれ反面教師であれ何事も学ぼうとする姿勢・・・・

こんな事を書きながらそんな事を感じます、叱るのもエネルギーが要るもんです

俺の頭もカニみそだな、ちょっと”ぼん酢”でもたらしてみるか・・・?

自分の脳は自分で味つけしなくちゃね(^_-)-☆

それが”勉強”というものです・・・(-。-)y-゜゜゜

 

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。

最新記事 by おのやすなり (全て見る)