あなたの経験貯蓄しましょう

午前中と昼間1時間づつですけど営業に出かけました、いやー蒸し暑いのなんの、汗でボトボトです。

お店のメンバーは月初手分けして毎日のように営業にでかけてくれています、本当にご苦労な事だと思います

昨日、ある社員の報告で”汗を掻きながら3時間、営業廻りをしていると営業先で見るに見かねて冷たい麦茶を御馳走になりました、しかも3件も・・・”と言う報告がありました

この社員は結構BIGサイズ、見るに見かねてと言うのは想像できそうです(=_=)

先月は、訪問先からもう来なくてもいいからと言われて落ち込んでいましたので今回の報告は嬉しい報告です

何故お茶を御馳走になったかを考えてみる

ところで、最近私この社員をよく喝!入れしている気がします

何故かと言えば物事や行動がちゃんと考えずに行っていると思うからです。なので根拠の見えない報告をしてきたり、辻褄が理解出来ない提案や発言をしたり(-_-)

もう少し冷静に考えれば違う報告や提案になるのになあ!と思うと残念な気持ちになるのです

 

何故そう思うのかといえば彼には経験があるからです、だって経験が無ければどんなに考えても答えは出てこないですからね、僕はその経験に期待をして居る(-“-)

彼が無意識でもその経験を整理して頭の中に体系化すれば今以上の幅も深みも広げた仕事ができるのにと思うともったいない。、

お茶を出して貰った事が成功かどうかは別として、何故そうなったかを意識してそして考えて自分の引き出しにしまっておく訓練が必要

例えば、その訪問先では過去にどんな会話をしていたかとかね!、何かが先方の心を動かした事は違いない”お茶を貰って嬉しかった”とか”もう来なくていいよと言われて悲しかった”で終わらせない事が大切なんだろうと思います、

彼だけでなく、メンバーは引き出し一杯の人達の集まりにしたいですね、そしてそれぞれの持っている形式知を出し合い共有して共有知とする。

せっかく額に汗して稼いだ経験、感じた事は個人の財産、財産は形に残して貯蓄するから財産なのだ。

だから浪費せずに一杯貯蓄して利息もつけてくださいな(^_-)-☆そしたらきっと面白い事になると思いますワクワク(^_-)-☆

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。

最新記事 by おのやすなり (全て見る)