圧倒的に!!”普通”になった!!祝☆おのちゃんブログ1000記事

その瞬間はきっと感慨深いものとなるだろう。

投稿ボタンを押した僕はとっておきのスコッチをストレートで一杯あおり、しばしの瞑想にふけった・・・

”おのちゃん”ブログ1000記事をクリアーしたのだ・・・!!

ジョブズ部長

よし!ジョブスのように圧倒的になろう

ふっ!・・・・”ブラボーおのちゃん””フェイリシタシオン!俺!!”

・・・と想像していたが(ーー;)

この投稿で1031記事目でした・・・(-。-)y-゜゜゜

確かそろそろだよな、あと30くらいかな??

月末の今日確認してみるとあらら!1000記事は先月末に既に達成している事が判明しました(@_@。・・なんかあっけないZE!

2013年の3月から、ある方から発信の重要性を教わり、1000記事書いたら圧倒的になれる!!という言葉を信じて!始めました

1日3記事を書けばいいと鬼のような事をさらりと仰るのですが、700記事迄はアメログで平均2記事をそれ以降はワードプレスに移行して1日1記事ですが1000文字前後の文章でアメログ時代よりはしっかりと書く事を念頭に続けております

DSC00307

どちらかと言えば、こいつらをイジルのが目的

ビジネスブログのつもりで始めたのですが、お客様向けと云うよりは社内の仲間に対するメッセージ色が強く、日頃の取り組みの裏舞台的な内容が多いのでどちらかと言えば同業者や、似た立位置で仕事をされている方からの応援が多いようです。

決断よりも実行・・・

私は今ちょうど50のおっさんですが、この1年でやっておきたかった事が2つあります。一つはこのブログ1000記事ともう一つはフルマラソンの完走です。

マラソンの方も、おかげさまで秋と冬、2度のフルマラソンを完走する事ができました。

2つに共通するモノは何か?それはやりつづければ必ず、誰でもできるという事です・

歩いてでも進みつづければ必ずゴールに辿りつけます

稚拙でも書き続ければ千にも万にも到達します。

ブログを書きなさいと教えて下さった方はこの時こう仰ってました

ここに1000人の人が居ます、私の話を聴いて”やってみよう”と思う人は500人くらいは居るでしょう。実際に始める人は100人位は居るかもしれません、でもその中で1000記事到達する人は2人くらいかな・・

やってみてダメなら辞めればいい

でもやり続ければそれが勲章にも財産にもなる・・・

僕にとっての勲章とは・・

”毎日毎日良く続ける事ができますね!”ブログのこと知っている方には時々そんな風に声をかけて頂く事があります。僕のブログはそれ程多くの方に読んで頂いてる訳ではありませんが、世の中には本業を持ちながらそれを発信し続けるビジネスブログを書き続ける方が沢山居ます。勉強会等に出かけると発信しているブログが毎回何千、何万と読まれるようなブロガーのような凄い方も大勢います・・・・

でも、彼等の目的はブログに広告をつけて儲ける事ではありません、自分の行っている事をそれに共感を得る人に伝える事が目的なのです

そういった人達を意識していると、毎日ブログを書く事が日課となり当たり前のように感じる事があります。

何万人も一緒にスタートラインに立ったマラソンランナー達が途中喘いだり、苦しんだりしながらもそのほとんどが最終的には笑顔でゴールテープを切るのと同じような感覚です

僕にとっての勲章は、きっと1000件目の記事を投稿した時に感慨深い想いになるだろうなと思っていた2年前と違い、見事にそんな事は忘れていた自分になっていた事の方が嬉しいかもしれません

第一、我が家にはスコッチはおろか、ウイスキーだってありやしない。カッコつけようにもせいぜい”いいちこ”のお湯割りじゃあ様になりませんしね(^_-)-☆

圧倒的にはなれていないようですが、これからも発信を続けていきたいと思います

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

おのやすなり:全国アパレルチェーンのエリアMGRとして勤務後、温浴事業参入を目指す企業にプロジェクトリーダーとして入社。設計段階から関わり1号店を出店、その後取締役事業部長として事業拡大を行い温浴施設3店舗、付帯飲食店5店舗を展開し統括を行う。 2016年、お風呂を利用した全てのビジネス(温浴・宿泊・介護・スポーツジムなど)運営の総合アドバイザー集団を目指し独立、現在に至る。 現場が問題意識を持ち課題に取り組める組織運営をサポートし活気のある施設運営で売上・利益をあげるサポートを行います。

業務用炭酸装置

炭酸装置・シャワーをご検討中の施主様、導入効果、運営方法などなんでもお気軽にお問い合わせください。
貴社の用途、浴槽の大きさや利用人数などお聞きして最適なご提案をさせていただきます