”何ができるか”と”何がしたいか”

日曜日に仕事が終わって帰ると嫁がノートPCを買いかえるので付き合って欲しいと言う事です。車に乗らない我が家の選択肢は梅田の駅前のヨドバシカメラという事になります。

日曜の夕方のヨドバシカメラ、人もうじゃうじゃ、店員もうじゃうじゃ、PCもうじゃうじゃ・・・・何処で何を見たら良いのかいつもながら判断に困りますが少しでも立ち止まると”何かお探しで・・・・”と声をかけられます。

PCコーナーにいるのだからPCにきまっとろうが!と思うのであるが、果たして嫁はどんなPCをお探しなのだろうか・・?

どのメーカーがいいのかを聴くと、即答でNEC

理由を聴くと、今使っているのがNECで、使っていて特にメーカーとしての不満もないので?もっと言えばどのメーカーのものであろうと区別がつかないからだそうだ・・・確かに基本的にはどれも同じに見える!!

という訳で、NECのPCコーナで1台のPCの前に立ち、マウスを触るやいなや秒速で声がかかる”なにかお探しで・・・”に続いて、”こちらの商品のプロセッサーはインテルコア****搭載で、メモリーは##GBで@@@@@!・・・とスペックをマシンガントークで語り始めるがチンプンカンプンなのもいつも通りである

それだと、どうなの?と聴くと、画像処理などがサクッとできるそうである!!

”画像処理とかしませんから”と嫁が答えると、そこでやっと、どの様な用途かを尋ねて来た

・”ワード。エクセル、パワーポイント”が使える事

・職場のPCウィンドウズ7と互換性が容易である事

・現状のプロバイダーで即使える事

・事前設定が出来ており、直ちに使える事・・・・

。。。そう、超基本的な事ができればそれでよいのである。何ができるかではなく、何がしたいか!が肝心です

必要な機能が欲しいのだ

解りました、それではこちらの商品なんかで十分対応できます・・お値段もこのような感じでとプライスを指差し満面の笑みで商品を勧める店員

”それと、持ち運びが楽なのがいいわ”と嫁

”え!A4サイズでお考えではないのですか?”と何故かひるむ店員

”B5サイズだと、今は完全受注生産で、お値段もグーンと高くなりますよ”

”こちらの商品はA4サイズですが以前よりも軽量ですし、A4の方が文字も見やすいですし・・・”何故か粘る店員

”グーンてどのくらい”と嫁

”取り敢えずこちらのコーナーへ”とオーダーメイドコーナーに連れていかれました

”こちらが最新業界最軽量のB5ノートです”どうです軽いでしょう?

”お客様、オフィスはお付けしますか?”

”つけるにきまってるだろーが、何聞いとるんじゃ(ーー゛)”と心で呟く私

でも多分ソフトは今あるモノを使うとか、そういった理由で外す事も可能だという事でしょうね

然し、嫁の絶対条件は煩わしくない事なので、当然YES、訳のわからん作業を押し付けられるのも嫌なので私もYES(*^_^*)

これだと定価一六万くらいですが、一四万五千くらいには・・・

 

商品をもう一度触る嫁、多分かなり薄くてスタイリッシュなデザインなので気にいってるように見えるの、これは明らかにこれを持ちあるく姿を想像しているのである・・そう、彼女に必要なのはスペックでは無いのだ・・・

然し無言でPCに向かう姿に不安を覚えるようにそれじゃ13万にします・・・

この買い物がいい買い物だったのかどうかは解りませんが、このやりとりを見ていて想う事は”何ができるのか”ではなく”何がしたいのか”が重要、例え提案型の営業を行う場合であっても、ニースを外さない事は大切なんだな・・等と思います。

因みにこちらからは価格の話は一度もしていない(ーー゛)・・!!

そうはいっても、私の場合は”そう言われるとまよっちゃうな~”とか言って、いらない機能まで買っちゃうタイプですけどね(ーー゛

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。