接客業のマスクはありか?なしか?

妻が高温にうなされ咳き込んでおります

風邪薬と、リンゴジュースとポップコーンと菓子パン・・・・(・へ・)??

リクエストのメールに答えてプラスしてユンケルとマスクを買って帰りました。これらを用意してインフルエンザの可能性もあるので、仕方なく隔離を致しました。

因みに隔離されるのは妻では無くて私です(ーー;)・・・

勿論、私が風邪をひけば私が隔離されますが・・・・

更についでですがリクエストに無かったマスクは風邪だかインフルエンザだか解りませんが予防の為に私が使用します

私が風邪をひいて無闇にゴホゴホやり出すとデリカシーのない男として叱られますが、愛する者のまき散らす毒くらい一気に引き受けて浄化をするくらいの覚悟を持っているのか男としての度量を試されます(ーー;)・・・・

覚悟はありますが、週末は外せない仕事もありますので隔離された部屋でこそっとマスクをして一夜を過ごします。

世の中は矛盾んで溢れております(゜-゜)・・・

スーパー銭湯のフロントでマスクをするのはありか?なしか?

スーパー銭湯とか、フロントとかは別にして全ての接客業でお客様の前でマスクをするのはありか?なしか?という素朴な疑問です

いつの間にか日本は日常でマスクを着用する事が当たり前になってきました。

10年前に天狗か河童のようなマスクをして外を歩いている人を見るとぎょ!(@_@;)ッとしたものですが、今では当たり前の光景です

使われ方も、咳き込む人がマナーの為に着用すると云う目的から、寒さや日焼けから帽子を被るように、風邪や花粉から身を守る防御の為の道具に変化してきたようです。

風邪の流行る季節はマスクをするのが当然と云うような風潮になってきた感もあります

不特定多数の人と対峙するのだからマスクは当たり前?

フロントに立つスタッフは不特定多数の人と会話をしなければなりません。

お客様の中には風邪を召されている方も混じっています。

昔は風邪をひいたら風呂には入らないと云うのが常識でしたが、今では熱い湯やサウナで一気に体温を高めてから布団に入ると仰る方も大勢おられます。

個人個人の対処法は於いておいて、問題は接客業のマスクです!!

接客業の基本は笑顔

賛否はあるかと思いますが、僕は接客業の基本は笑顔にあると思います

新人研修で”ウィスキー”と発音をして口角を上げる練習をした経験のある方は多いと思います

ホテルのフロントマン、デパートの受付、スチュワーデス(敢てこう呼びます!)等でもマスクをして接客をする方はいるのかな?それを許す許さないは会社の方針かもしれませんし、今はそう言った事が当たり前の風潮かもしれませが私は自分の顔をちゃんと出して、口角を上げた素敵な笑顔で対応するのが接客業のプロとして当然な事だと思っています。

あなたの笑顔が商品です

うがい、手洗い、健康管理、接客業は対人が仕事で気苦労も多いですが万全の態勢であなたの笑顔を守って、最高の笑顔を振りまいて貰いたいです!それがうちの最高の商品なのですから(^_-)-☆

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。