自分たちの頑張りも、問題点も、全てが他人事になっている

・仕入原価が高いのは仕入先が在庫を切らして他店の商品を回して貰う事になり一括仕入れをしたから

⇒仕入先が商品を切らしているのに、廻して貰うとは言え一括で採る必要性はない、原因は発注の精度にある

・それから在庫の一部をB店に貸し出していますのでその分高くなって

⇒それは問題、然し貸し借りを帳簿も無く行なわれているのはもっと問題、・・・が、それが1か月前の商品が戻っていないのなら原因だが昨日今日なら関係ない、やはり発注精度の問題!!

・実質原価が高いのは、多く作り過ぎた土手煮を温浴に回しているからです

⇒温浴に回している事が問題ではなく、何故多く作り過ぎたのかが問題、そもそも実質原価なので処理していない肉からはロスはでない、歩留りの問題。で、その原因は?

・12月の数字が良かったのは1年間やってきて顧客が増えたからだと思います

⇒門真店は去年から宴会が140名増えている、これはONした数字に匹敵している。要因は営業の成果が出た事、自分たちの頑張りが功を奏したのだ

昨日の焼肉部門の反省会のやり取りの一部です。

スーパー銭湯飲食部門は焼肉部門に参入しました

彼等は物凄く一生懸命働きました、そして今も頑張っています

1年前に社内の焼肉部門から引き継ぐ形の焼肉店、勝手が解らないながらがむしゃらにやって来た3人

DSC00428

同じ会社でありながら部門の違いがあればやり方も違う。

時には2頭体制の狭間に立って迷う事もあるのだろう

多くの問題を抱えながら不安や不満もあることだと思う。

だけど、まずいよなー!いい事も、悪い事も、自分たちの頑張りも、問題点も、全てが他人事になっている、向き合えていない。

これはまずい!!沢山の沢山の反省点が私にはあります。沢山の沢山の反省点が僕たちにあります。

目の前の仕事をこなすだけでは僕たちは作業員になってしまう。

自分の行っている事に向き合う事、どこの部門のどの部署のどんな仕事でもこの気持ちが必要だ。

それが我々の存在を示す手段でもある。

取り組んでいきましょう、我々の仕事を(^_-)-☆

応援してね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。