興味が湧く営業マン・どうでもよい営業マン

長かったですね、今の飛び込み営業でしょう?何かいいネタでもありましたか(ーー;)・・・と呟く店長

突然名指しでアポなし訪問にやってキタ若き営業マン、やってしまいましたいきなりの説教トークm(__)m

関係性の営業はとっても大切

飛び込みと言え彼とは一度名刺交換しています、ある集会で私が話をさせて頂いた折に来場されていました、その時の話に共感を持ってくれたと言う事です。それは嬉しい事です、日頃飛び込み営業が主体なので紹介だとか、名刺交換をしたとか、そんな小さな関わりでも大事にしたいと言う彼の言動はとても良いと思います

その時お話させて頂いた内容は、温浴業者として

①来店して頂いているお客様との関係性づくり

②売りモノはそこに勤める個人のパーソナリテイー

スーパー銭湯運営者として心掛けようとしている事

スーパー銭湯はは銭湯です、お客様の60%はリピーターに支えられています。

豪華な施設、規模の大きな施設が次々とできる中で重要なのはホームグラウンドとしての施設づくりだと考えています

上記での、

①はそう思って頂く為の努力や仕掛けが必要、そしてあなたのホームグラウンドはここですよと忘れさせない事、こんな事を行っていますよと知らせる事が大事だと思います、そうする事で共感を持って貰う事

②大切なのはそういった事を自分の言葉で表現できる事、同じマニュアルであっても個性は出せます、一度自分というフィルターを通して表現する事がとても重要、だってそれは誰にも真似のできない事、あなたのホームグラウンドにしかないものだかです

”ありがとうございます”という言葉一つが前者と後者では違うと思います

NEC_0488

営業マン君に伝えたい事

彼の仕事は印刷会社の営業マンです、端的にいえば販促物の注文が欲しいのです

彼は彼なりに考えて、こんな事ができないかと提案してくれましたが残念ながら的外れでした、然し彼が我が社の施設やサービスを利用して、彼独自の体験からくる企画や提案をしてくれたら話は別です

もうひとつ、その為には相手や業界に真面目に興味を持つ事、興味を持てばイロイロ調べるし、好奇心は広がります。そうなった状態で体験すると漠然としたよりもきっと深い筈ですし気づきが生まれますし共感が得やすい

そう簡単に注文は取れません、頭を捻じって個性的な発想が欲しい、いや本当に欲しいんですよネタが・・・

さて、僕の事に興味を持ちましたと言って尋ねて来た・・・あれ?名前なんだっけ?

その彼がこのブログを読んでいるかはなはだ疑問ですが(興味があれば読む筈です!だって名刺に読んでねって書いてあるもん)

個性を出して良い仕事をしてくれることを望んでいますがんばってね(^_-)-☆

何だかめんどくさい親爺に掴まったもんだ、多分そう思ってますね( 一一)・・・・と呟く店長

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのちゃん

おのやすなり ⭐️大学卒業後、全国展開を行う宝飾・アパレルチェーンストアに就職、宝飾店店長,エリアMGRとして勤務 ⭐️2000年地元で温浴施設の運営に進出をする企業の事業に参加、新規事業責任者として温浴施設を立ち上げる。その後取締役事業部長として温浴施設3店舗及び関連する飲食事業5施設を「湯本一丁グループ」として展開。 ⭐️2017年、日本コミュニティー・マーケテイング研究会(通称コミマ)設立 組織内外の安定を保った経営を行うために、様々な場面で良好な関係性を構築するマーケテイング手法(コミマ)を提唱し、円滑な組織運営のお手伝いをしております ⭐️ブログ「極楽コミマ」主催 ⭐️PODCASTインタビューマガジン「才能の履歴書」発刊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする