日本コミュニテイ・マーケテイング研究会代表の小野です。

我が国独特の文化である銭湯は生活環境の変化により日常のお風呂を提供する場所から身近なレジャーを楽しむ場所となりました。銭湯、スーパー銭湯・日帰り温泉、都市型サウナ・健康ランド、様々な形の温浴施設が数多く運営されています。ですが日常的にお金を払って入浴を楽しむ人は人口の僅か20%だと言われています。

スーパー銭湯黎明期に業界に入り、創れば繁盛する時代を経験しました、その後のブームにより施設の大きさ、新たな設備投資を競う時代が続く中であることに気づきました。

働き方改革による余暇の増大、高齢化社会に於ける健康意識の高まり、核家族から単身世帯の増加、これからの温浴施設の役割はとても重要です。温浴施設が単に入浴を楽しむ場所である限り20%の人を取り合うことになります。地域の核として人の集まる場所となるために施設ができること、そしてそれを伝えることで施設の需要は高まります、どんな商売もそうですが人が集まるお店にはある共通の法則があります。

あなたの施設が提供できるサービスは誰にとって嬉しいことなのか?提供する側がサービスの提供を楽しんでいるのか?競争をやめると新たな道が見えてきます、独自路線を歩む道を作りましょう。貴施設が笑顔溢れるフアン客がドンドン増える仕組みを我々も一緒に考えさせてもらえませんでしょうか。

プロフィール

大学卒業後アパレルチェーンの宝飾部門で複数店の店長経験後エリアマネージャーとして西日本の店舗を統括する。2000年大阪の酒販店が温浴事業進出の際、新規事業の立ち上げ責任者として誘われ転職。取締役事業部長として3店舗のスーパー銭湯、施設内飲食店8店舗の立ち上げ、統括を行う。2018年日本コミュニテイ・マーケテイング研究会を立ち上げ独立。

COMIMA 代表 小野康成

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおふろ大好きをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

おのやすなり

小野康成 温浴施設コンサルタント 温浴施設の持つポテンシャルを視座を変えて見つめ直すと実に多くのサービスを提供できます。それを必要としている人が地域には溢れています。17年間で複数の温浴施設・飲食店を立ち上げ現場指揮から得た経験から、施設と地域と人を繋ぐプロデユースを行なっています。

最新記事 by おのやすなり (全て見る)